はんこの印材説明

□ 象牙

象牙

象の上アゴの間歯にあたる牙。ほどよい硬さ、ねばりがあり精密な彫刻ができる。
印肉のツキが非常によく、しかも耐久性がある。

質感、気品とも印鑑材料としては最高級品
ワシントン条約により禁輸。⇒現在限定解禁されました。

□ 牛角水牛

牛角水牛

象牙に次ぐ高級品。
白飴色の中に若干のまだら模様が特有の美しさを際立たせている。

別名白水牛とも呼ばれるオーストラリア産の印材。

□ 黒水牛

黒水牛

インドやタイ産の水牛角。賢牢性や印肉のつきの良さに優れている。
漆黒の趣が印肉の朱と対比的で美しく古来から重宝がられてきた。
価格の値ごろ感、高耐久性などにより当店では、販売が一番多い。

□ 柘

柘

木材印材の代表格。木質は極めて硬く、繊細な彫刻が可能。
木の質感が動物系の印材にはない温かみを持たせている。
価格の安さが、おすすめです。

□ 印材加工説明

柘

★印鑑の印材はどうして出来ているのか?。

  • 印材説明
  • 印鑑・はんこ↑用の印材加工の説明

    写真


印鑑・はんこの説明